<< プリムラ・マルギナタ オーニソガルム・カウダツム >>

プリムラ・ヒルスタ

e0126318_1935444.jpg

プリムラ・ヒルスタはサクラソウ科サクラソウ属の多年草である。
ヨーロッパのピレネー山脈やアルプス山脈に分布し、標高2200~3600メートルの砂礫地に生える。
別名をプリムラ・ルブラ(Primula rubra)という。
草丈は3センチから10センチくらいである。
根際から生える葉は卵形で、ロゼット状となる。
葉は肉質で、縁の上部にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月から7月である。
散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、桃色の花を数輪つける。
花冠は5つに裂けて横に開き、裂片の先はへこむ。
写真は5月に北大植物園で撮った。
学名:Primula hirsuta

★アルプスの砂礫の中に花開く
 ピンクの色は眩しく映り
e0126318_1941117.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo4 | 2010-05-14 19:04 | サクラソウ科
<< プリムラ・マルギナタ オーニソガルム・カウダツム >>