<< 優曇華(ウドンゲ) 雲南梵天花(ウンナンボンテンカ) >>

高良姜(コウリョウキョウ)

e0126318_6402963.jpg

高良姜(コウリョウキョウ)はショウガ科ハナミョウガ属の多年草である。
原産地は中国の南部や東南アジアである。
茎の部分は葉鞘(茎を鞘状に包むような形になった葉のつけ根)が折り重なったもので、偽茎と呼ばれる。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は春から夏にかけてである。
赤茶色をした唇形の花をつける。
根茎は胃腸薬とされる。
写真は6月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Alpinia officinarum

★薬効がありそうだよね渋い花
 高良姜の名前を知って
e0126318_6405320.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo4 | 2010-05-25 06:41 | ショウガ科
<< 優曇華(ウドンゲ) 雲南梵天花(ウンナンボンテンカ) >>