<< 雲切草(クモキリソウ) ラヌンクルス・アクリス >>

ブフタルムム・サリキフォリウム

e0126318_19114451.jpg

ブフタルムム・サリキフォリウムはキク科トウカセン属(ブフタルムム属)の多年草である。
原産地はヨーロッパ中部で、山地の草地や岩場に生える。
オグルマ属の近縁種である。
和名は唐歌仙(トウカセン)である。
英名をイエロー・オックスアイデージー(yellow oxeye daisy)という。
草丈は60センチくらいである。
根際から生える葉は披針形である。
茎につく葉は小さい披針形で、互い違いに生える(互生)。
葉のつけ根の部分は茎を抱く。
開花時期は5月から9月くらいである。
茎の上部で枝分かれをし、先に1輪ずつ黄色い花(頭花)をつける。
花径は3センチから6センチくらいである。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Buphthalmum salicifolium

★大輪の花美しき唐歌仙
 黄のデージーは誇らしげなり
e0126318_1912184.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo4 | 2010-06-14 19:12 | キク科
<< 雲切草(クモキリソウ) ラヌンクルス・アクリス >>