<< ステノカルプス・サリグヌス ブフタルムム・サリキフォリウム >>

雲切草(クモキリソウ)

e0126318_18472827.jpg

雲切草(クモキリソウ)はラン科クモキリソウ属の多年草である。
北方領土を含む北海道から沖縄にかけて分布し、山地の林の中に生える。
海外では、朝鮮半島にも分布する。
草丈は15センチから25センチくらいである。
根際から長い楕円形の葉が2枚生える。
葉の縁は細かく波打つ。
開花時期は6月から7月である。
直径8ミリから10ミリくらいの淡い緑色をした花を総状につける。
花の色は紫色を帯びたものもある。
萼片や側花弁は細い線形である。
唇弁は下に反り返る。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Liparis kumokiri

★比較的数多く咲く雲切草
 目立たぬけれど奇妙な姿
e0126318_18474519.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo4 | 2010-06-15 18:48 | ラン科
<< ステノカルプス・サリグヌス ブフタルムム・サリキフォリウム >>