<< 樺太比翼草(カラフトヒヨクソウ) ヒビスクス・ワイメアエ >>

礼文唐飛廉(レブントウヒレン)

e0126318_1654278.jpg

礼文唐飛廉(レブントウヒレン)はキク科トウヒレン属の多年草である。
北海道固有種である。
礼文島、利尻島に分布し、海岸近くの草地や礫地に生える。
分類上は、長葉北薊(ナガバキタアザミ)の変種とされている。
草丈は5センチから13センチくらいである。
基本種の草丈は30センチくらいある。
根際から生える葉は開花時には枯れる。
茎につく葉しは卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉には艶がある。
開花時期は7月から8月である。
茎先に数輪の淡い紅紫色をした頭花をつける。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Saussurea はスイスの科学者「ソシュール(H. B. de Saussure)さん」の名からきている。
種小名の riederii は採集者「リーデル(Rieder)さんの」という意味である。
亜種名の yezoensis は「北海道の」という意味である。
種小名の insularis は「島に生える」という意味である。
写真は8月に旭山動物園で撮った。
学名:Saussurea riederii subsp. yezoensis var. insularis


★礼文には背丈の低い花が咲く
 惚れ惚れとする細工ほどこし
e0126318_1655626.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo4 | 2011-08-04 16:08 | キク科
<< 樺太比翼草(カラフトヒヨクソウ) ヒビスクス・ワイメアエ >>