<< 高嶺菫(タカネスミレ) 雨竜沙参(ウリュウシャジン) >>

蝦夷の沢薊(エゾノサワアザミ)

e0126318_12331162.jpg

蝦夷の沢薊(エゾノサワアザミ)はキク科アザミ属の多年草である。
北方領土を含む北海道に分布し、低地や山地の湿原などに生える。
海外では、サハリンにも分布する。
草丈は50センチから150センチくらいである。
茎は細く毛が生えている。
茎の上部には蜘蛛毛(蜘蛛の巣のような細くからまっている毛)がある。
葉は櫛の歯状に深く裂け、裂片は幅1センチくらいと狭い。
開花時期は7月から8月である。
花径3センチくらいの紅紫色をした花(頭花)が横向きないし下向きにつく。
総苞片(萼のところにある棘のような葉)は偏球形である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Cirsium はギリシャ語の「cirsos(静脈腫)」からきている。静脈腫に薬効のある植物につけられた名が転用された。
種小名の kamtschaticum は「カムチャツカの」という意味である。
亜種名の pectinellum は「多少櫛の歯状の」という意味である。
写真は8月に旭山動物園で撮った。
学名:Cirsium kamtschaticum subsp. pectinellum


★真薊と花の様子が似てるかな
 北国に咲く貴重な薊
e0126318_12334312.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo4 | 2011-08-08 12:36 | キク科
<< 高嶺菫(タカネスミレ) 雨竜沙参(ウリュウシャジン) >>