<< グロッバ・ウィニティー スパティフィルム・コクレアリスパツム >>

深山小薊(ミヤマコアザミ)

e0126318_1331948.jpg

深山小薊(ミヤマコアザミ)はキク科アザミ属の多年草である。
日本固有種である。
伊吹山のほか、白山や北アルプスにも分布する。
分類上は野薊(ノアザミ)の変種とされている。
基本種に比べて全体に小形で、棘や毛が多い。
草丈は20センチから50センチくらいである。
根際から生える葉は花の時期にも枯れない。
茎につく葉は茎を抱き、鋭い棘がある。
葉は羽状に裂ける。
開花時期は7月から8月である。
茎の先に頭花を上向きにつけ、筒状花をたくさん咲かせる。
花の下にある総苞片(花序全体を包む葉の変形したもの)が球形で、ねばねばするのが特徴である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Cirsium はギリシャ語の「cirsos(静脈腫)」からきている。静脈腫に薬効のある植物につけられた名が転用された。
種小名の japonicum は「日本の」という意味である。
変種名の ibukiense は「伊吹山の」という意味である。
写真は8月に伊吹山で撮った。
学名:Cirsium japonicum var. ibukiense


★花の下ぷっくりとして可愛いよ
 背丈も低く愛嬌たっぷり
e0126318_1333972.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo4 | 2011-08-19 13:05 | キク科
<< グロッバ・ウィニティー スパティフィルム・コクレアリスパツム >>