<< クリデミア・ヒルタ ストロファンツス・プレウシー >>

ゲンチアナ・シノオルナタ

e0126318_14143519.jpg

ゲンチアナ・シノオルナタはリンドウ科リンドウ属の多年草である。
中国の雲南省・四川省、チベット、ミャンマー北部などに分布し、標高2800~4400メートルの高山の草地に生える。
草丈は10~15センチくらいである。
葉は細長い三角形である。
開花時期は5~10月くらいである。
花冠は青紫色で、黄白色のストライブが入る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Gentiana は紀元前のイリリア王「ゲンティウス(Gentius)」の名にちなむ。
種小名の sino-ornata は「中国の美しい」という意味である。
写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Gentiana sino-ornata


★高山と言えど花々咲き乱れ
 幻想的な中国南部
e0126318_1414599.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo4 | 2011-08-28 14:17 | リンドウ科
<< クリデミア・ヒルタ ストロファンツス・プレウシー >>