<< 山陰引起し(サンインヒキオコシ) 男鹿風露(オガフウロ) >>

黒髪石菖(クロカミゼキショウ)

e0126318_7443998.jpg

黒髪石菖(クロカミゼキショウ)はユリ科チシマゼキショウ属の多年草である。
分類体系によってはチシマゼキショウ科とされる。
佐賀県産の山野草として流通しているが、原産地を含めて詳細ははっきりしていない。
草丈は10センチから20センチくらいである。
根際から生える葉は線形(剣状)である。
開花時期は8月から9月である。
垂れ下がった茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、緑白色の小さな花をたくさんつける。
花被片は6枚である。
属名の Tofieldia はイギリスの植物学者「トゥフィールド(T. Tofield)さん」の名からきている。
写真は8月につくば植物園で撮った。
学名:Tofieldia sp.


★霊山の名をいただいた石菖は
 いずこに生まれ今に至るや
e0126318_7452777.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo4 | 2011-09-06 07:52 | ユリ科
<< 山陰引起し(サンインヒキオコシ) 男鹿風露(オガフウロ) >>