<< シレネ・スカフタ 山陰引起し(サンインヒキオコシ) >>

黄色姫凌霄花(キイロヒメノウゼンカズラ)

e0126318_1446159.jpg

姫凌霄花(ヒメノウゼンカズラ)はノウゼンカズラ科テコマリア属の蔓性常緑低木である。
原産地は南アフリカである。
黄色姫凌霄花(キイロヒメノウゼンカズラ)はその園芸品種である。
基本種の花の色は濃い橙色だが、本種の場合は黄色い。
樹高は150~200センチくらいである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、向かい合って生える(対生)。
小葉の形は卵形で先が尾状に尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6~11月くらいである。
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、漏斗状の黄色い花を10数輪つける。
花冠は長さが5センチくらいでやや湾曲し、先は唇形に裂ける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Tecomaria はこの属のメキシコ名(tecomaxochitl)からきている。
種小名の capensis は「喜望峰地方の」という意味である。
品種名の Aurea は「黄金色の」という意味である。
写真は9月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Tecomaria capensis 'Aurea'


★イメージが少し違っているけれど
 南の果てに凌霄花あり
e0126318_14465284.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo4 | 2011-09-08 14:49 | ノウゼンカズラ科
<< シレネ・スカフタ 山陰引起し(サンインヒキオコシ) >>