<< ナルキッスス・セロティヌス 八丈繻子蘭(ハチジョウシュスラン) >>

カトレア・フォーベシイ

e0126318_12441735.jpg

カトレア・フォルベシイはラン科カトレア属の多年草である。
原産地はブラジルで、南東部の海岸近くに生える着生種である。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は幅の狭い披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は夏から秋である。
花弁は淡い緑色、唇弁は白く内側は黄色い。
黄花系品種の交配親として使われる。
属名の Cattleya はイギリスの園芸家「カトレイ(W. Cattley)さん」の名からきている。
種小名の forbesii はイギリスの園芸家「フォーブス(J. Forbes)さんの」という意味である。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
学名:Cattleya forbesii


★カトレアにこんな色彩あるんだね
 地味だけれども内は鮮やか
e0126318_12443986.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo4 | 2011-10-03 12:46 | バラ科
<< ナルキッスス・セロティヌス 八丈繻子蘭(ハチジョウシュスラン) >>