<< アシスタシア・イントルサ 黒星草(クロホシクサ) >>

キリタ・シネンシス

e0126318_14351630.jpg

キリタ・シネンシスはイワタバコ科キリタ属の多年草である。
原産地は中国の南部や香港である。
草丈は10~20センチくらいである。
根際から生える葉は卵形で、ロゼット状となる。
葉の質は分厚く、葉脈に沿って銀白色の斑が入る。
開花時期は9~10月くらいである。
花茎の先に淡い紅紫色をした筒状の花をつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Chirita はインドの現地語からきている。
種小名の sinensis は「中国の」という意味である。
写真は10月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Chirita sinensis


★なかなかに出合えぬ花がここにある
 息飲みながらカメラに収め
e0126318_14354015.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo4 | 2011-10-09 14:37 | イワタバコ科
<< アシスタシア・イントルサ 黒星草(クロホシクサ) >>