<< カトレア・トリアナエ デンドロキルム・デンポエンセ >>

カトレア・レオポルディー

e0126318_11471221.jpg

カトレア・レオポルディーはラン科カトレア属の常緑多年草である。
原産地はブラジルの南部で、海岸近い林の中に生える着生種である。
草丈は1メートルくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は夏から秋である。
花径は7~11センチくらいあり、肉厚である。
花の色は緑色ないし茶褐色で赤い斑点が入る。
唇弁は赤い。
属名の Cattleya はイギリスの園芸家「カトレイ(W. Cattley)さん」の名からきている。
種小名の leopoldii はベルギー王「レオポルド1世(King Leopold I)の」という意味である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Cattleya leopoldii


★猛獣を思わすような花姿
 レオポルディの名前そのまま
e0126318_11473698.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo4 | 2011-10-29 11:49 | ラン科
<< カトレア・トリアナエ デンドロキルム・デンポエンセ >>