<< ションバーグキア・ウンデュラタ ハメリア・パテンス >>

ロスラリア・セドイデス

e0126318_14313180.jpg

ロスラリア・セドイデスはベンケイソウ科ロスラリア属の常緑多年草である。
原産地はインド北部、ヒマラヤである。
草丈は10~15センチくらいである。
葉は黄緑色の細長い葉で毛が生えており、ロゼット状に広がる。
多肉植物である。
開花時期は6~7月である。
花の色は白い。
属名の Rosularia は「ロゼット状の」という意味である。
種小名の sedoides は「マンネングサ属(Sedum)に似た」という意味である。
写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Rosularia sedoides


★ぺったりと地面に貼りつく分厚い葉
 綺麗な花にほっとため息
e0126318_14314874.jpg

植物図鑑
花図鑑







by ryudesuyo4 | 2011-11-03 14:33 | ベンケイソウ科
<< ションバーグキア・ウンデュラタ ハメリア・パテンス >>