<< ユーカリプタス・マニフェラ ロスラリア・セドイデス >>

ションバーグキア・ウンデュラタ

e0126318_16352634.jpg

ションバーグキア・ウンデュラタはラン科ションバーグキア属の多年草である。
ションバーグキア属はカトレアの近縁種である。
コスタリカ、トリニダード・トバコ、ベネズエラ、ペルーなどに分布する着生種である。
草丈は60~180センチくらいと大形である。
葉は細長い楕円形である。
開花時期は冬から春である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径5センチくらいの花をたくさんつける。
花の色は濃い紅色で、捩れている。
唇弁は桃色である。
属名の Schomburgkia はドイツ人の植物学者「ションバーグ(R. Schomburgk)さん」の名からきている。
種小名の undulata は「波状の」という意味である。
写真は3月に小石川植物園で撮った。
学名:Schomburgkia undulata


★大形の捩れた花のユニークさ
 見上げるようにカメラに収め
e0126318_16355562.jpg

植物図鑑
花図鑑







by ryudesuyo4 | 2011-11-04 16:37 | ラン科
<< ユーカリプタス・マニフェラ ロスラリア・セドイデス >>