<< 草海桐(クサトベラ) キングバナナ >>

オドントグロッスム・プルケルム

e0126318_15344598.jpg

オドントグロッスム・プルケルムはラン科オドントグロッスム属の常緑多年草である。
属名の読み方は「オドントグロッサム」、種小名のほうは「プルケラム」とするものもある。
メキシコ、グアテマラ、エルサルバドルに分布し、標高2600メートルまでの高山に生える着生種である。
草丈は10~50センチくらいである。
葉は線形である。
開花時期は秋から冬である。
花茎を伸ばして総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径4センチくらいの白い花を5~8輪くらいつける。
属名の Odontoglossum はギリシャ語の「odontos(歯)+glossa(舌)」からきている。
種小名の pulchellum は「愛らしい」という意味である。
写真は2月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Odontoglossum pulchellum


★熱帯と言えど咲くのは山の上
 静かな森でそっと優しく
e0126318_15351222.jpg

植物図鑑
花図鑑







by ryudesuyo4 | 2011-11-15 15:37 | ラン科
<< 草海桐(クサトベラ) キングバナナ >>