人気ブログランキング |
<< マスデバリア・イグネア ディオドノプシス・エリナケア >>

ブラッシア・プミラ

e0126318_16292814.jpg

ブラッシア・プミラはラン科ブラッシア属の多年草である。
南アメリカに分布し、山地の湿った林の中に生える着生種である。
草丈は20~30センチである。
バルブの先に幅の広い披針形の葉を2枚つける。
開花時期は秋から冬である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を垂らし、緑褐色の花をたくさんつける。
花径は12センチくらいある。
多くの園芸品種の交配親となっている。
属名の Brassia はイギリス人の植物画家「ブラス(W. Brass)さん」の名からきている。
種小名の pumila は「小人のような」という意味である。
写真は7月につくば植物園で撮った。
学名:Brassia pumila


★調べても詳しいことはわからぬが
 シックな色が心に残り
e0126318_16294861.jpg

植物図鑑
花図鑑







by ryudesuyo4 | 2011-12-05 16:31 | ラン科
<< マスデバリア・イグネア ディオドノプシス・エリナケア >>