人気ブログランキング |
<< 支那山躑躅(シナヤマツツジ) 志佳陽躑躅(シカヨウツツジ) >>

白花蝦夷菫(シロバナエゾスミレ)

e0126318_12204335.jpg

白花蝦夷菫(シロバナエゾスミレ)はスミレ科スミレ属の多年草である。
本州の青森県から九州にかけて分布し、低山の林の中などの日陰に生える。
分類上は、叡山菫(エイザンスミレ)の品種の1つとされている。
なお、蝦夷菫(エゾスミレ)というのは叡山菫(エイザンスミレ)の別名である。
「蝦夷」の名がつくのに北海道には分布しないというのも不思議である。
草丈は5~15センチくらいである。
地上茎はない。
葉は深く3つに裂け、裂片はさらに裂ける。
開花時期は4~5月である。
基本種の花の色は淡い紅色だが、本種の場合は白い。
唇弁には黒い筋の入るものと入らないものがある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の eizanensis は「叡山の」という意味である。
品種名の candida は「純白の」という意味である。
写真は3月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園の菫展で撮った。
学名:Viola eizanensis f. candida


★命名の謎をはらんで咲く菫
 葉は深く裂け花色白く
e0126318_1221134.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo4 | 2012-04-21 12:23 | スミレ科
<< 支那山躑躅(シナヤマツツジ) 志佳陽躑躅(シカヨウツツジ) >>