<< 毛蕊躑躅(ケシベツツジ) 大山三葉躑躅(ダイセンミツバツツジ) >>

渋川躑躅(シブカワツツジ)

e0126318_1444575.jpg

渋川躑躅(シブカワツツジ)はツツジ科ツツジ属の落葉低木である。
静岡県に分布し、岩が露出し植物が生育しにくい蛇紋岩地域に生える。
和名の由来は、静岡県引佐町の渋川温泉付近で発見されたことからきている。
分類上は、神宮躑躅(ジングウツツジ)の変種とされている。
自生地は静岡県指定の天然記念物とされている。
環境省のレッドデータリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
樹高は3~5メートルくらいである。
枝は横に広がらずに上に伸びる。
葉は菱形で、3枚の葉が枝先に輪生状に互い違いに生える(互生)。
開花時期は5~6月である。
葉の展開した後に開花する。
枝先に2~4輪くらいずつ紅紫色の花をつける。
花径は4センチくらいである。
花冠は漏斗状で、深く5つに裂ける。
上部裂片の内側に濃い色の斑点がある。
雄しべは10本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の sanctum は「神聖な」という意味である。
変種名の lasiogynum は「長い軟毛のある雌しべの」という意味である。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
学名:Rhododendron sanctum var. lasiogynum


★さてどこに違いがあるか難題だ
 きれいに咲いた渋川躑躅
e0126318_14101072.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo4 | 2012-05-13 14:12 | ツツジ科
<< 毛蕊躑躅(ケシベツツジ) 大山三葉躑躅(ダイセンミツバツツジ) >>