人気ブログランキング |
<< 烏来躑躅(ウライツツジ) 小豆島連翹(ショウドシマレンギョウ) >>

高隈三葉躑躅(タカクマミツバツツジ)

e0126318_1510573.jpg

高隈三葉躑躅(タカクマミツバツツジ)はツツジ科ツツジ属の落葉低木である。
鹿児島県大隈半島の高隈山系の固有種で、標高900メートル以上の山地に生える。
環境省のレッドデータリスト(2007)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
樹高は1~4メートルくらいである。
葉は菱形状で、枝先に3枚が輪生する。
開花時期は5~6月である。
葉が完全に展開した若葉の季節に花を咲かせる。
枝先に普通は1つつく花の色は淡い紅紫色である。
花冠の先は深く5つに裂けて横に開くが、本種は裂片が細い。
雄しべが10本なのも特徴である。
雌しべの子房には腺毛が生えて粘る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
本種は日向三葉躑躅(ヒュウガミツバツツジ)から分化したものと考えられている。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の viscistylum は「花柱に粘り気のある」という意味である。
写真は3月に小石川植物園で撮った。
学名:Rhododendron viscistylum


★南国と言えど棲家は山の上
 山肌染めるピンクの色に
e0126318_15111295.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo4 | 2012-05-24 15:13 | ツツジ科
<< 烏来躑躅(ウライツツジ) 小豆島連翹(ショウドシマレンギョウ) >>