<< イタリーマンテマ 星咲き雪の下(ホシザキユキノシタ) >>

ツルバギア・フラグランス

e0126318_14192745.jpg

ツルバギア・フラグランスはユリ科ツルバギア属の多年草である。
分類体系によってはネギ科とされる。
原産地は南アフリカである。
英名をスイートガーリック(sweet garlic)という。
葉を傷つけるとニンニクの香りがする。
草丈は20~60センチくらいである。
根際から生える葉はやや肉厚な線形である。
開花時期は10~5月である。
茎先に散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し15~20輪くらいの花をつける。
花には甘い香りがある。
花径は2センチくらいで、花の色は淡い紅紫色である。
花被片は6枚である。
花被片の内側には肉質の鱗片からできた副花冠がある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Tulbaghia は18世紀のオランダの喜望峰総督「ツルバグ(R. Tulbagh)さん」の名からきている。
種小名の fragrans は「芳しい香りのする」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Tulbaghia fragrans


★小さくも甘い香りを寄せ集め
 フラグランスは彫り深き花
e0126318_14194338.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo4 | 2012-05-27 14:22 | ユリ科
<< イタリーマンテマ 星咲き雪の下(ホシザキユキノシタ) >>