<< ヘンリー敦盛草(ヘンリーアツモ... サラセニア・フラバ >>

日高三葉躑躅(ヒダカミツバツツジ)

e0126318_14344450.jpg

日高三葉躑躅(ヒダカミツバツツジ)はツツジ科ツツジ属の落葉低木である。
北海道固有種である。
日高地方のえりも町にのみ分布し、山地の岩の多い林の中に生える。
環境省のレッドリスト(2007)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
分類上は、三葉躑躅(ミツバツツジ)の変種とされている。
本州から海流に乗って種子が運ばれ根づいたものと推測されている。
樹高は2~3メートルである。
葉は菱形状の卵形で、枝先に3枚が輪生する。
葉の柄や縁、表面には短い腺毛が疎らに生える。
葉の裏面には毛が疎らに生える。
開花時期は5~6月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
花の色は淡い朱赤色である。
花径は25~30ミリくらいの漏斗状で、先は5つに裂ける。
1つの花芽からは1~3輪の花が開く。
雄しべは10本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の dilatatum は「拡大した」という意味である。
変種名の boreale は「北方系の」という意味である。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
学名:Rhododendron dilatatum var. boreale


★海鳴りの彼方に響く幌泉
 ピンクの花は何処を見詰め
e0126318_1435105.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo4 | 2012-05-30 14:37 | ツツジ科
<< ヘンリー敦盛草(ヘンリーアツモ... サラセニア・フラバ >>