<< ブルボフィルム・ エキノラビウム 早池峰蝙蝠(ハヤチネコウモリ) >>

房狸藻(フサタヌキモ)

e0126318_1822156.jpg

房狸藻(フサタヌキモ)はタヌキモ科タヌキモ属の多年草である。
日本固有種である。
本州の東北地方から近畿地方にかけて分布し、湖沼、水路などに稀に生える浮遊植物である。
環境省のレッドリスト(2007)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
草丈は30~80センチくらいで、疎らに枝分かれをする。
葉は房状で軟らかい。
食虫植物である。
花には開放花と閉鎖花がある。
開花時期は7~8月である。
水中から花茎を伸ばし、花径1センチくらいの黄色い花をつける。
これが開放花である。
これとは別に花径1~2ミリの緑色をした閉鎖花をつける。
こちらのほうは6~9月が開花時期である。
属名の Utricularia はラテン語の「utriculus(小気胞)」からきている。小さい捕虫嚢があることから名づけられた。
種小名の dimorphantha は「2形の花の」という意味である。
写真は10月につくば植物園の絶滅危惧植物展で撮った。
学名:Utricularia dimorphantha


★狸藻に特有の花咲くという
 いつか見たいと興味津々
e0126318_18222020.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo4 | 2012-08-31 18:24 | タヌキモ科
<< ブルボフィルム・ エキノラビウム 早池峰蝙蝠(ハヤチネコウモリ) >>