人気ブログランキング |
<< 小町藤(コマチフジ) 千里胡麻(センリゴマ) >>

錦衣(ニシキゴロモ)

e0126318_14453722.jpg

錦衣(ニシキゴロモ)はシソ科キランソウ属の多年草である。
日本固有種である。
北海道から九州にかけて主として日本海側に分布し、山地の道端や林の中などに生える。
和名の由来は、葉脈が鮮やかな紫色になることからきている。
別名を金紋草(キンモンソウ)という。
草丈は5~15センチくらいである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉脈は紫色を帯び、葉の裏面もしばしば紫色を帯びる。
開花時期は4~5月である。
茎の上部に淡い紫色をした唇形の花をいくつかつける。
花の色は濃いものから淡いものまで変異がある。
上唇は直立し、2つに裂ける。
下唇が大きく、3つに裂ける。
雄しべは4本である。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
属名の Ajuga はギリシャ語の「a(無)+jugos(束縛)」からきている。花冠の形状を表したものである。
種小名の yezoensis は「蝦夷(北海道)の」という意味である。
写真は5月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Ajuga yezoensis


★見つけるの難しいようだ大地では
 葉色に個性の錦衣は
e0126318_14455280.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
by ryudesuyo4 | 2013-05-05 14:47 | シソ科
<< 小町藤(コマチフジ) 千里胡麻(センリゴマ) >>