人気ブログランキング |
<< 戸田萱(トダスゲ) 峨眉山竜胆(ガビサンリンドウ) >>

ロードデンドロン・クネアツム

e0126318_1425464.jpg

ロードデンドロン・クネアツムはツツジ科ツツジ属の常緑低木である。
シャクナゲの仲間である。
中国の四川省や雲南省に分布し、2700~4300メートルの高山の林の中や岩礫地などに生える。
中国名は「楔叶杜鵑」という。
樹高は1~2メートルである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉には艶があり、裏面は褐色の鱗片に被われる。
開花時期は4~6月くらいである。
花冠は漏斗状で、花の色は濃い紫色や紅紫色である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の cuneatum は「くさび形の」という意味である。

写真は10月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Rhododendron cuneatum


★雲南の林の中に咲くという
 クネアツムの花色合いも濃く
e0126318_1431181.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
by ryudesuyo4 | 2013-05-18 14:06 | ツツジ科
<< 戸田萱(トダスゲ) 峨眉山竜胆(ガビサンリンドウ) >>