人気ブログランキング |
<< 谷地樺(ヤチカンバ) ロードデンドロン・クネアツム >>

戸田萱(トダスゲ)

e0126318_149184.jpg

戸田萱(トダスゲ)はカヤツリグサ科スゲ属の多年草である。
日本固有種である。
荒川河川敷の戸田ヶ原で発見されたのが名の由来である。
絶滅したと思われていたが、対岸の朝霞市の河川敷で再発見された。
また、濃尾平野や熊本の平野にもわずかに分布する。
環境省のレッドリスト(2012)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
草丈は50~80センチくらいである。
茎は3稜形で硬い。
葉は幅5ミリくらい線形である。
中央脈は凹み、表面はざらつく。
開花時期は4~5月である。
花被片はなく、雄しべが2~3本、雌しべが1本ある。
花の後にできる実は小堅果である。
丸く膨らんだ果胞が粟(アワ)のように見えることから粟萱(アワスゲ)の別名がある。
属名の Carex はギリシャ語の「keirein(切る)」からきている。葉が鋭いことから名づけられた。
種小名の aequialta は「同高の」という意味である。
写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。


★荒川の一角が我が故郷と
 胸はり生える戸田萱のあり
e0126318_1494114.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
by ryudesuyo4 | 2013-05-19 14:12 | カヤツリグサ科
<< 谷地樺(ヤチカンバ) ロードデンドロン・クネアツム >>