<< ヘリコニア・ビハイ・カメハメハ エビデンドルム・プリスマトカルプム >>

プレウロタリス・グロビー

e0126318_14401120.jpg

プレウロタリス・グロビーはラン科プレウロタリス属の多年草である。
プレウロタリス属は南北アメリカに1000種以上分布する大きな属で、大部分は着生種である。
本種の原産地はメキシコ、中南アメリカである。
標高3200メートルまでの森に生える着生種である。
草丈は5センチくらいである。
葉は長さ3センチくらいの楕円形で、たくさん生える。
開花時期は不定期である。
葉のつけ根の部分から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径3ミリから11ミリくらいの小さな花を10輪くらいつける。
花の色は黄色や白で、紅紫色の筋が入る。
分類の仕方によってはスペックリニア属(Specklinia)とされることもある。
属名の Pleurothallis はギリシャ語の「pleuron(肋骨)+ thallos(梢)」からきている。肋骨のような形に枝分かれすることから名づけられた。
種小名の grobyi はイギリス人の蘭愛好家「グロビーのグレー卿(Lord Grey of Groby, 1800's)の」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Pleurothallis grobyi(syn. Specklinia grobyi)


★咲く花の小さきさまに目を細め
 森の姿に思いめぐらし

e0126318_14402797.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
by ryudesuyo4 | 2013-08-15 14:42 | ラン科
<< ヘリコニア・ビハイ・カメハメハ エビデンドルム・プリスマトカルプム >>