<< ヒペリクム・ベアニー ヘリコニア・ビハイ・カメハメハ >>

リグラリア・クリボルム

e0126318_14395883.jpg

リグラリア・クリボルムはキク科メタカラコウ属の多年草である。
撮影地では研究用に植栽されているようだが、本種は現在では丸葉岳蕗(マルバダケブキ:Ligularia dentata)とシノニムだと考えられている。
本州の東北地方から中部地方を中心に分布し、山地から亜高山の草地や林の縁に生える。
海外では、中国にも分布する。
草丈は40センチから100センチくらいである。
根際から生える葉は、長さも幅も20センチから40センチくらいある大きく丸い腎円形である。
葉の表面には艶があり、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
蕗(フキ)によく似ており、長い柄がある。
開花時期は7月から8月である。
茎の上部で枝分かれをし、その先に黄色い頭花をつける。
花径は8センチから10センチくらいある。
舌状花は10枚くらいあり、やや後ろに反る。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Ligularia はラテン語の「ligula(舌)」からきている。小さい舌状の花弁から名づけられた。
種小名の clivorum は「斜面に生える」という意味である。
写真は8月に日光植物園で撮った。
残念ながらスペルが clivarum と誤記されていて長い間正体がわからなかった。
同園ではほかにもこういう誤記例があるのだが、入園は有料なのだからきちんと点検してもらいたい。
学名:Ligularia clivorum


★調べてもわからぬはずだスペルさえ
 違っていたよ暢気な仲間

e0126318_14402691.jpg


植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo4 | 2013-08-17 14:48 | キク科
<< ヒペリクム・ベアニー ヘリコニア・ビハイ・カメハメハ >>