<< アベリア・フォレスティー リグラリア・クリボルム >>

ヒペリクム・ベアニー

e0126318_1683214.jpg

ヒペリクム・ベアニーはオトギリソウ科オトギリソウ属の常緑低木である。
原産地は中国である。
貴州省、四川省、雲南省などに分布し、標高1500~2100メートルの山地に生える。
中国名は「栽秧花」という。
樹高は60~200センチくらいである。
葉は卵形で、2列に向かい合って生える(対生)。
開花時期は7月から9月である。
枝先に黄色い5弁花を次々と咲かせる。
花径は3~5センチくらいである。
花の真ん中には1つの雌しべがあり、柱頭(雌しべの先端で花粉の付着する部分)は5つに裂ける。
雌しべを取り囲んでたくさんの雄しべがある。
雄しべの長さは花弁よりは短い。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Hypericum はギリシャ語の「hypo(下に)+ erice(草むら)」ないし「hyper(上に) + eikon(像)」からきている。
種小名の beanii はイギリス人の植物学者「ビーン(William J. Bean, 1863-1947)さんの」という意味である。
写真は9月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Hypericum beanii


★ベアニーは金糸梅より大きいね
 花を広げて生き生き咲いて

e0126318_1685325.jpg


植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo4 | 2013-08-18 16:10 | オトギリソウ科
<< アベリア・フォレスティー リグラリア・クリボルム >>