<< アガスタケ・ネペトイデス ヒペリクム・ベアニー >>

アベリア・フォレスティー

e0126318_15233075.jpg

アベリア・フォレスティーはスイカズラ科ツクバネウツギ属の常緑低木である。
中国の雲南省、四川省、チベット、ベトナム北部に分布し、標高1500~3300メートルの山地の林の中や斜面に生える。
和名は西南衝羽根空木 (セイナンツクバネウツギ) という。
この場合の「西南」は中国の西南地区を意味する。
樹高は1メートルから2メートルくらいである。
葉は細長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は6月から9月である。
枝先に白ないしピンクの漏斗形の花をつける。
花冠の先は5つに裂ける。
萼片は5枚で赤い。
花冠の内側に黄色の模様が入る。
花の後にできる実は細長い紡錘形のそう果(1つの種子しかなく開かないもの)で、萼片が残る。
属名の Abelia はイギリス人の医師「アベル(Clarke Abel, 1789-1826)さん」の名からきている。
種小名の forrestii はイギリス人の植物学者「フォレスト (George Forrest, 1873-1932) さんの」という意味である。
写真は9月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Abelia forrestii


★チベットに咲くアベリアはピンク帯び
 花の姿はどこか床しく

e0126318_15234879.jpg


植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo4 | 2013-08-19 15:25 | スイカズラ科
<< アガスタケ・ネペトイデス ヒペリクム・ベアニー >>