<< ティムス・カピタツス アベリア・フォレスティー >>

アガスタケ・ネペトイデス

e0126318_144006.jpg

アガスタケ・ネペトイデスはシソ科カワミドリ属の多年草である。
属名の読み方は「アガスタシェ」とするものもある。
日本にも分布する川緑(カワミドリ)と同じ仲間である。
原産地は北アメリカの東部である。
カナダのオンタリオ州からアメリカ合衆国のジョージア州にかけて分布する。
英名はイエロージャイアントヒソップ(yellow giant hyssop)である。
ヒソップはヤナギハッカに近縁の植物の名称である。
草丈は100センチから180センチくらいである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は7月から9月である。
茎先に穂状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、唇形の花をつける。
花の色は黄白色である。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Agastache はギリシャ語の「aga(強める)+stachys(穂)」からきている。太い穂状の花序をつけることから名づけられた。
種小名の nepetoides は「イヌハッカ属(Nepeta)のような」という意味である。
写真は9月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Agastache nepetoides


★ここでしか見られぬ花もあれこれと
 北陸の地に花の王国

e0126318_14403436.jpg


植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo4 | 2013-08-21 14:42 | シソ科
<< ティムス・カピタツス アベリア・フォレスティー >>