カテゴリ:パンヤ科( 1 )

ザーバオバブ

e0126318_10305115.jpg

バオバブの木(バオバブノキ)はパンヤ科バオバブノキ属(アダンソニア属)の落葉高木である。
原産地は熱帯アフリカ、マダガスカル島である。
サンテグジュペリの「星の王子さま」に登場することで知られている。
実際にはこの属には数種のものがあり、バオバブの木(バオバブノキ)はその総称である。
ザーバオバブ(Adansonia za)はその中の1種である。
本種はマダガスカル島の北部から南部にかけて分布する。
樹高は20メートルくらいになる。
幹は肥大して円筒状の特殊な樹形となる。
貯水して乾燥に耐える役割を果たしているのである。
ただし、日本ではこのような樹形には育たない。
葉は手のひら状の複葉である。
小葉は長い楕円形で、5~7枚で1枚の葉が構成される。
自生地での開花時期11~2月である。
オレンジ色の花が咲く。
若葉や花、実、種子は食用になる。
属名の Adansonia はデギタタ種(Adansonia digitata)を発見したフランス人の植物学者「アダンソン(M. Adanson)」の名からきている。
種小名の za はマダガスカルでの現地語からきている。
写真は11月に沖縄市の東南植物楽園で撮った。
学名:Adansonia za


★バオバブと思えぬような姿だが
 これがそうかと木肌に触れて
e0126318_10313186.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo4 | 2012-02-09 10:35 | パンヤ科