カテゴリ:キブシ科( 1 )

ヒマラヤ木五倍子(ヒマラヤキブシ)

e0126318_1645160.jpg

ヒマラヤ木五倍子(ヒマラヤキブシ)はキブシ科キブシ属の落葉低木である。
日本に分布する木五倍子(キブシ)の近縁種で、ヒマラヤに分布する。
樹高は3~5メートルである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には細かなぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の質は薄く、紙質である。
開花時期は5~8月である。
葉に展開に先立って小さな黄色い花を密生した花穂を垂れ下がらせる。
花弁は4枚で、開ききることはない。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
中国では生薬の木通(もくつう)にこの樹木の蔓が利用されている。
小通草(ショウツウソウ)というのがその名称である。
属名の Stachyurus はギリシャ語の「stachyus(穂)+oura(尾)」からきている。尾状に下がる花穂から名づけられた。
種小名の himalaicus は「ヒマラヤ山脈の」という意味である。
写真は3月に小石川植物園で撮った。
学名:Stachyurus himalaicus


★謎秘めて黄花ぶら下げ咲く木五倍子
 故郷の地はヒマラヤという
e0126318_1651141.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo4 | 2013-05-11 16:07 | キブシ科