カテゴリ:フトモモ科( 3 )

ユーカリプタス・マニフェラ

e0126318_13244616.jpg

ユーカリプタス・マニフェラはフトモモ科ユーカリノキ属の常緑高木である。
オーストラリアの南東部に分布する。
樹高は10~20メートルくらいである。
樹皮は灰白色で滑らかである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は薄く、灰白色を帯びる。
自生地での開花時期は11月から3月である。
花の色は赤い。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Eucalyptus はギリシャ語の「eu(良)+calyptos(覆われた)」からきている。乾燥地に育って緑に覆われることから名づけられた。
種小名の manifera は「樹皮に白い粉をふきやすい」という意味である。
写真は11月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った蕾である。
学名:Eucalyptus manifera


★ユーカリもいろんな種類あるんだね
 白い粉ふく葉が可愛いよ
e0126318_132524.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo4 | 2011-11-05 13:26 | フトモモ科

メラレウカ・ティミフォリア

e0126318_3451619.jpg

メラレウカ・ティミフォリアはフトモモ科メラレウカ属の常緑低木である。
原産地はオーストラリアの南東部である。
ニューサウスウェールズ州と南クイーンズランド州に分布する。
樹高は1メートルくらいである。
葉は長さ1センチくらいの披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉にはよい香りがある。
開花時期は春から夏にかけてである。
枝先に雄しべの目立つレースのような藤色の花をつける。
花の色はピンクや白のものもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Melaleuca はギリシャ語の「melas(黒)+leucos(白)」からきている。幹の色と枝の色の濃淡を表現している。
種小名の thymifolia は「(シソ科の)イブキジャコウソウ属(Thymus)のような葉の」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Melaleuca thymifolia

★この花も個性に満ちた姿だな
 オーストラリアは不思議大陸
e0126318_3453535.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo4 | 2011-05-31 03:46 | フトモモ科

ユーカリプタス・グレグソニアナ

e0126318_9264871.jpg

学 名 Eucalyptus gregsoniana
分 類 フトモモ科ユーカリノキ属
原 産 オーストラリア南東部のニューサウスウェールズ州
タイプ 常緑低木、育って5メートルくらい
特徴1 葉は披針形で互い違いに生える(互生)
特徴2 開花時期は冬/花の色は白い
撮 影 10/02/20神奈川県立フラワーセンター大船植物園
e0126318_927611.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo4 | 2010-02-27 09:27 | フトモモ科