カテゴリ:オオバコ科( 4 )

プランタゴ・サイリウム

e0126318_12442380.jpg

プランタゴ・サイリウムはオオバコ科オオバコ属の一年草である。
原産地はヨーロッパから西アジアである。
和名を枝打ち大葉子(エダウチオオバコ)という。
草丈は50~70センチくらいである。
葉は線形で、放射状に数段つく。
開花時期は5~7月くらいである。
円筒形の穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、白い小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実はがい果(中央で横に割れ、上部が蓋のようにはずれて種子をこぼす)である。
種子や種皮が薬用や健康食品として利用される。
生薬名は望江南(ぼうこうなん)という。
属名の Plantago はラテン語の「planta(足跡)」からきている。大きな葉から名づけられた。
種小名の psyllium はギリシャ語の「psulla(ノミ)」に由来する「psullion(オオバコ)」からきている。種子が似ていることによる。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Plantago psyllium

★オオバコも所変われば品変わる
 同じ仲間ととても思えず
e0126318_1244389.jpg

植物図鑑
花図鑑




[PR]
by ryudesuyo4 | 2011-07-22 12:45 | オオバコ科

蝦夷大葉子(エゾオオバコ)

e0126318_8131367.jpg

蝦夷大葉子(エゾオオバコ)はオオバコ科オオバコ属の多年草である。
北方領土を含む北海道の全土と本州から九州の北部にかけて日本海側に分布し、海岸の砂地や低草地などに生える。
海外では、朝鮮半島やサハリン、カムチャツカなどにも分布する。
和名の由来は、北海道で多く見られることからきている。
草丈は10~30センチくらいである。
葉は細長い楕円形ないし幅の広い卵形で、先が尖る。
葉にも茎にも白い軟毛が密生している。
花茎は斜上するものが多い。
開花時期は5~7月である。
茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、白い小さな花をつける。
花の後にできる実はがい果(中央で横に割れ、上部が蓋のようにはずれて種子をこぼす)である。
属名の Plantago はライン語の「planta(足跡)」からきている。大きな葉から名づけられた。
種小名の camtschatica は「カムチャツカの」という意味である。
上の写真は6月に富山県の氷見海浜植物園で撮った。
下の写真は9月に北大植物園で撮った。
学名:Plantago camtschatica

★背は低く柔らかな毛にくるまれて
 蝦夷大葉子は海が大好き
e0126318_8135335.jpg

植物図鑑
花図鑑




[PR]
by ryudesuyo4 | 2011-07-03 08:14 | オオバコ科

八つ又大葉子(ヤツマタオオバコ)

e0126318_1447161.jpg

八つ又大葉子(ヤツマタオオバコ)はオオバコ科オオバコ属の多年草である。
分類上は唐大葉子(トウオオバコ)の品種の1つとされている。
本種の分布ははっきりしないが、基本種は本州から九州にかけて分布する。
特徴は花茎が枝分かれをすることである。
花茎のない時期には区別ができない。
草丈は30~80センチくらいである。
根際から生える葉は卵形である。
つけ根の部分はだんだん狭くなって柄に移行する。
開花時期は7~8月くらいである。
茎先で穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を枝分かれさせ、白い小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実はがい果(中央で横に割れ、上部が蓋のようにはずれて種子をこぼす)である。
属名の Plantago はライン語の「planta(足跡)」からきている。大きな葉から名づけられた。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
種小名の polystachya は「穂をたくさんつける」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Plantago japonica f. polystachya

★すっきりと咲いているではないけれど
 人目をひくね八つ又大葉子
e0126318_14472096.jpg

植物図鑑
花図鑑




[PR]
by ryudesuyo4 | 2011-07-02 14:48 | オオバコ科

プランタゴ・アルピナ

e0126318_1975275.jpg

学 名 Plantago alpina
分 類 オオバコ科オオバコ属
原 産 アルプス山脈/高山性
タイプ 多年草
特徴1 草丈40センチ/開花時期は4月から8月
特徴2 葉は細長く雄しべは黄色
撮 影 07/06/03富山県中央植物園
e0126318_1981734.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo4 | 2010-07-27 19:08 | オオバコ科