カテゴリ:ノボタン科( 1 )

クリデミア・ヒルタ

e0126318_16394810.jpg

クリデミア・ヒルタはノボタン科クリデミア属の常緑多年草である。
原産地はジャマイカである。
国際自然保護連合(IUCN)の定めた「世界の外来侵入種ワースト100」に選ばれており、世界の熱帯・亜熱帯に広く帰化している。
伐採跡地などで急速に生長する。
和名はアメリカ草野牡丹(アメリカクサノボタン)という。
草丈は1メートルくらいである。
全草に硬い毛が生える。
葉は幅の広い卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉脈の部分が裏面に突出して凹凸になる。
開花時期は周年である。
白い小さな花が下向きにつき、あまり目立たない。
実は楕円形で黒紫色に熟し、食用になる。
属名の Clidemia は古代ギリシャの著述家「Cleidemus」の名からきている。
種小名の hirta は「短い剛毛のある」という意味である。
写真は8月につくば植物園で撮った。
学名:Clidemia hirta


★凄まじい生命力を誇るけど
 花は静かに俯き咲いて
e0126318_16401410.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo4 | 2011-08-29 16:42 | ノボタン科