カテゴリ:タコノキ科( 1 )

阿檀(アダン)

e0126318_16255931.jpg

阿檀(アダン)はタコノキ科タコノキ属の常緑小高木である。
奄美諸島から沖縄にかけて分布し、海岸近くに生える。
海外では、台湾、熱帯アジア、太平洋諸島、オーストラリアなどに分布する。
樹高は3~6メートルである。
太い気根(空気中に伸びる根)をたくさん出すが、蛸の木(タコノキ)ほどではない。
葉は線状の披針形で硬く、縁には鋭い刺状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
長さは1メートルくらいあり、幅は5センチくらいである。
開花時期は7~9月である。
雌雄異種である。
花の色は白く、よい香りがする。
結実期は8~11月である。
パイナップル状の集合果は赤く熟すると食べられる。
ただし、繊維質で食感はあまりよくないという。
椰子蟹(ヤシガニ)の大好物で、熟すとよじ登ってくるという。
新芽は琉球料理で高級食材とされる。
気根はパナマ帽などの材料となり、大正時代には沖縄の一大産業であった。
現在でも、籠や敷物などの材料とされている。
属名の Pandanus はマレーシアの現地語からきている。
種小名の odoratissimus は「非常によい香りのする」という意味である。
写真は12月に沖縄県本部町の琉宮城蝶々園で撮った。
学名:Pandanus odoratissimus


★パイナップル思わすような阿檀の実
 棘に用心触りたければ
e0126318_16262682.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo4 | 2011-12-28 16:33 | タコノキ科