人気ブログランキング |

カテゴリ:イネ科( 1 )

金糸竹(キンシチク)

e0126318_15482771.jpg

金糸竹(キンシチク)はイネ科ホウライチク属の常緑高木である。
台湾、中国南部、東南アジア、マダガスカルなどに分布する。
日本では四国以南の暖地で植栽されている。
台湾・中国では「金絲竹」という。
分類上は泰山竹(ダイサンチク)の品種の1つとされる。
稈が黄金色になり、緑のタテジマが現れた変異体である。
独立種とする見方もある。
樹高は10~15メートルくらいである。
稈の直径は5~10センチくらいで、大きな株を作る。
葉は長さが15~25センチ、幅が5センチくらいあり大きい。
稈はあまり真っ直ぐではないが、建築用材、家具材などに用いられる。
沖縄には1955年ころに導入された。
属名の Bambusa はインドでの現地名からきている。
種小名の vulgaris は「普通の」という意味である。
品種名の striata は「溝のある」という意味である。
写真は11月に沖縄県那覇市にある世界遺産の識名園で撮った。
学名:Bambusa vulgaris f. striata(=Bambusa striata)


★かぐや姫思わすような竹の色
 ほっと溜息世界遺産で
e0126318_15485276.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo4 | 2012-01-08 15:50 | イネ科