人気ブログランキング |

カテゴリ:イノモトソウ科( 1 )

城戸井の許草(キドイノモトソウ)

e0126318_15434679.jpg

城戸井の許草(キドイノモトソウ)はイノモトソウ科イノモトソウ属の常緑多年草である。
本州(岡山県、山口県)、四国(愛媛県、高知県)、九州に分布し、石灰岩地に生えるシダ植物である。
海外では、台湾にも分布する。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
根茎は斜上し、黒褐色の鱗片(根茎にある肥厚したもの)がある。
葉は束になって生える(束生)。
栄養葉と胞子葉がある。
栄養葉の縁には著しいぎざぎざ(鋸歯)がある。
胞子葉には偽脈(葉脈とは離れている筋)があり、井の許草(イノモトソウ)と異なる特徴である。
属名の Pteris はギリシャ語の「pteron(翼)」からきている。羽状の葉の形から名づけられた。
種小名の kidoi は植物分類学者「城戸正幸さんの」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Pteris kidoi


★この地ならきっと棲めると適応し
 石灰岩をものともせずに
e0126318_15441626.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo4 | 2012-01-19 15:45 | イノモトソウ科