人気ブログランキング |

<   2012年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ヘンリー敦盛草(ヘンリーアツモリソウ)

e0126318_1224798.jpg

ヘンリー敦盛草(ヘンリーアツモリソウ)はラン科アツモリソウ属の多年草である。
原産地は中国の南部である。
四川省などの高地に生える。
英名はヘンリーズ・シプリペディウム(Henry's cypripedium)である。
学名のシプリペディウム・ヘンリーで表示するものもある。
種小名の henryi はアイルランドの植物収集家ヘンリー氏(A. Henry)に因む。
草丈は30~50センチくらいである。
葉は卵形である。
開花時期は4~5月である。
茎先に黄緑色の花を2~3輪つける。
属名の Cypripedium はギリシャ語の「Cypris(女神ビーナス)+pedilon(スリッパ)」からきている。唇弁が大きく前へ突出して袋状となっているのを婦人用のスリッパにたとえた。
種小名の henryi はアイルランドの植物収集家「ヘンリー(A. Henry)さんの」という意味である。
写真は4月に神代植物公園の野草展で撮った。
学名:Cypripedium henryi(=Cypripedium chinense)


★ヘンリーの名のつくものの幾つかを
 思い浮かべつこの花を見る
e0126318_12242250.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo4 | 2012-05-31 12:26 | ラン科

日高三葉躑躅(ヒダカミツバツツジ)

e0126318_14344450.jpg

日高三葉躑躅(ヒダカミツバツツジ)はツツジ科ツツジ属の落葉低木である。
北海道固有種である。
日高地方のえりも町にのみ分布し、山地の岩の多い林の中に生える。
環境省のレッドリスト(2007)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
分類上は、三葉躑躅(ミツバツツジ)の変種とされている。
本州から海流に乗って種子が運ばれ根づいたものと推測されている。
樹高は2~3メートルである。
葉は菱形状の卵形で、枝先に3枚が輪生する。
葉の柄や縁、表面には短い腺毛が疎らに生える。
葉の裏面には毛が疎らに生える。
開花時期は5~6月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
花の色は淡い朱赤色である。
花径は25~30ミリくらいの漏斗状で、先は5つに裂ける。
1つの花芽からは1~3輪の花が開く。
雄しべは10本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の dilatatum は「拡大した」という意味である。
変種名の boreale は「北方系の」という意味である。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
学名:Rhododendron dilatatum var. boreale


★海鳴りの彼方に響く幌泉
 ピンクの花は何処を見詰め
e0126318_1435105.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo4 | 2012-05-30 14:37 | ツツジ科

サラセニア・フラバ

e0126318_13563337.jpg

サラセニア・フラバはサラセニア科サラセニア属の多年草である。
属名の読み方はサラケニアとするものもある。
原産地は北アメリカである。
アメリカ合衆国南東部のバージニア州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、ジョージア州、フロリダ州北部、アラバマ州南部などに分布し、沼地や湿地に生える食虫植物である。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは軽度懸念(LC)に指定されている。
また、ワシントン条約附属書ではII類(国同士の取り引きを制限)として保護されている。
和名は黄花瓶子草(キバナヘイシソウ)という。
「瓶子体」という細長い捕虫葉を持つ。
草丈は40~120センチくらいである。
瓶子体はトランペット状で、細長い筋が縦に1本入る。
蓋の両側が後方へ反り返る。
開花時期は4~6月くらいである。
花茎を伸ばし黄色い花をつける。
冬期には剣形の葉をつける。
属名の Sarracenia はカナダ人の医師「サラザン(M.S.Sarrazin)さん」の名からきている。
種小名の flava は「黄色の」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Sarracenia flava


★面白い形の花があるものだ
 どんな仕組みか調べてみたい
e0126318_1357089.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo4 | 2012-05-29 14:03 | サラセニア科

イタリーマンテマ

e0126318_14435197.jpg

イタリーマンテマはナデシコ科マンテマ属の一年草である。
原産地はイタリアのサルデーニャ島である。
日本では1933年に長崎県で帰化が確認されている。
現在では東京都や新潟県から九州にかけて点々と分布している。
分類上は白花マンテマ(シロバナマンテマ)の変種とされている。
別名を毛無しマンテマ(ケナシマンテマ)という。
全体に毛がないのが特徴である。
草丈は20~50センチである。
葉は下部ではへら形、上部へいくほど小さくなって幅の広い線形となり、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5~6月である。
花径が1センチに満たない淡い紅色の5弁花をつける。
萼筒が長く6~10ミリくらいあり、10本の脈がある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Silene はギリシャ神話の「シレネス(Silenes、バッカスの養父)」からきている。この属には粘液性の分泌液を出すものが多いので、これを酔って泡だらけになった様子にたとえた。
種小名の gallica は「赤い」という意味である。
変種名の giraldii は「ジラルドさんの」という意味である。
写真は5月に都立木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Silene gallica var. giraldii

e0126318_14441559.jpg

★あまりにも花が小さく風に揺れ
 きれいに撮れぬがなかなか綺麗

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo4 | 2012-05-28 14:36 | ナデシコ科

ツルバギア・フラグランス

e0126318_14192745.jpg

ツルバギア・フラグランスはユリ科ツルバギア属の多年草である。
分類体系によってはネギ科とされる。
原産地は南アフリカである。
英名をスイートガーリック(sweet garlic)という。
葉を傷つけるとニンニクの香りがする。
草丈は20~60センチくらいである。
根際から生える葉はやや肉厚な線形である。
開花時期は10~5月である。
茎先に散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し15~20輪くらいの花をつける。
花には甘い香りがある。
花径は2センチくらいで、花の色は淡い紅紫色である。
花被片は6枚である。
花被片の内側には肉質の鱗片からできた副花冠がある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Tulbaghia は18世紀のオランダの喜望峰総督「ツルバグ(R. Tulbagh)さん」の名からきている。
種小名の fragrans は「芳しい香りのする」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Tulbaghia fragrans


★小さくも甘い香りを寄せ集め
 フラグランスは彫り深き花
e0126318_14194338.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo4 | 2012-05-27 14:22 | ユリ科

星咲き雪の下(ホシザキユキノシタ)

e0126318_12355363.jpg

星咲き雪の下(ホシザキユキノシタ)はユキノシタ科ユキノシタ属の多年草である。
分類上は、雪の下(ユキノシタ)の品種の1つとされている。
筑波山の固有種で、つくば市の「市の花」に指定されている。
草丈は20~50センチくらいである。
根際から生える葉は円心形である。
雪の下(ユキノシタ)と同様に斑が入るが、数は少ない。
開花時期は5~6月である。
雪の下(ユキノシタ)の花は花弁が5枚、雄しべが10本だが、本種の場合は花弁が雄しべ化をし、放射状の雄しべだけが目立つ。
これを「星咲き」と呼んだのが名の由来である。
花の形には変異があり、花弁のまったくないものや、上の3枚の花弁のあるもの、下の2枚の花弁の目立つものなどがあるという。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Saxifraga はラテン語の「saxum(石)+frangere(砕く)」からきている。この属のある植物が尿の結石を溶かす作用があると考えられたことから名づけられた。
種小名の stolonifera は「匍匐茎のある」という意味である。
品種名の aptera は「翼のない」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Saxifraga stolonifera f. aptera


★星咲きと名をつけられた雪の下
 ひっそりと咲く筑波の山に
e0126318_1236847.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo4 | 2012-05-26 12:39 | ユキノシタ科

烏来躑躅(ウライツツジ)

e0126318_1322768.jpg

烏来躑躅(ウライツツジ)はツツジ科ツツジ属の常緑低木である。
原産地は台湾北部の烏来である。
分類上は毛蕊躑躅(ケシベツツジ)の変種である。
樹高は1~3メートルである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は紙質である。
葉の表面には艶があり、両面に褐色の毛が生える。
開花時期は3~5月である。
淡い紅紫色の小輪を咲かせる。
花冠は5つに裂け、雄しべは10本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の lasiostylum は「毛深い花柱の」という意味である。
変種名の kanehirai は植物学者「金平亮三さんの」という意味である。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
学名:Rhododendron lasiostylum var. kanehirai


★謎多い躑躅の由来突き止めて
 ほっと一息にんまり笑顔
e0126318_13222913.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo4 | 2012-05-25 13:26 | ツツジ科

高隈三葉躑躅(タカクマミツバツツジ)

e0126318_1510573.jpg

高隈三葉躑躅(タカクマミツバツツジ)はツツジ科ツツジ属の落葉低木である。
鹿児島県大隈半島の高隈山系の固有種で、標高900メートル以上の山地に生える。
環境省のレッドデータリスト(2007)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
樹高は1~4メートルくらいである。
葉は菱形状で、枝先に3枚が輪生する。
開花時期は5~6月である。
葉が完全に展開した若葉の季節に花を咲かせる。
枝先に普通は1つつく花の色は淡い紅紫色である。
花冠の先は深く5つに裂けて横に開くが、本種は裂片が細い。
雄しべが10本なのも特徴である。
雌しべの子房には腺毛が生えて粘る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
本種は日向三葉躑躅(ヒュウガミツバツツジ)から分化したものと考えられている。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の viscistylum は「花柱に粘り気のある」という意味である。
写真は3月に小石川植物園で撮った。
学名:Rhododendron viscistylum


★南国と言えど棲家は山の上
 山肌染めるピンクの色に
e0126318_15111295.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo4 | 2012-05-24 15:13 | ツツジ科

小豆島連翹(ショウドシマレンギョウ)

e0126318_14142639.jpg

小豆島連翹(ショウドシマレンギョウ)はモクセイ科レンギョウ属の落葉低木である。
香川県の小豆島の固有種で、石灰岩地帯の崖などに生える。
レンギョウ属では、よく知られる連翹(レンギョウ)も朝鮮連翹(チョウセンレンギョウ)や支那連翹(シナレンギョウ)と同様に渡来種である。
日本固有のものは本種と岡山県に分布する大和連翹(ヤマトレンギョウ)の2つである。
分布域が限られており、絶滅の惧れがある。
環境省のレッドリスト(2007)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
樹高は1~2メートルである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はほとんどない。
開花時期は4~5月である。
雌雄異株である。
葉の展開と同時に花を咲かせる。
花は筒状で、4つに深く裂ける。
花の色は黄色で、少し緑色を帯びている。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
近縁種の大和連翹(ヤマトレンギョウ)は葉の縁に鋸歯があることや、葉の展開に先立って花を咲かせることなどで本種と区別される。
属名の Forsythia はイギリスの園芸家「フォーサイス(W. A. Forsyth)さん」の名からきている。
種小名の togashii は植物研究家「富樫誠さんの」という意味である。
写真は5月に神戸市の六甲高山植物園の野草展で撮った。
学名:Forsythia togashii


★瀬戸内の島であれども小豆島
 高き山並み草木を支え
e0126318_1414528.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo4 | 2012-05-22 14:17 | モクセイ科

ポレモニウム・ビスコスム

e0126318_14153469.jpg

ポレモニウム・ビスコスムはハナシノブ科ハナシノブ属の多年草である。
原産地は北アメリカの西部である。
カナダのブリティッシュコロンビア州からアメリカ合衆国のニューメキシコ州にかけて、ロッキー山脈の岩場などに生える。
草丈は10~30センチくらいである。
全草に悪臭がある。
茎は直立する。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形はスプーン状で、ねばねばする。
開花時期は4~6月である。
茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、花径20ミリくらいの青紫色の花をたくさんつける。
花冠は筒状で5つに裂ける。
萼は鐘状で、5つに裂ける。
雄しべは5本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Polemonium は一説にギリシャ語の「polemos(戦争)」からきているとされる。
種小名の viscosum は「ねばねばした」という意味である。
写真は5月に北大植物園で撮った。
学名:Polemonium viscosum


★日本では滅多にお目にかかれない
 花さりげなく姿を見せて
e0126318_1416422.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



by ryudesuyo4 | 2012-05-21 14:19 | ハナシノブ科